blog

2020.06.19

おふたりの想い

今まで数多くの新郎新婦様とお会いさせて頂き、一組一組それぞれの想いを聞かせて頂きました。
ほんの一部になりますが、いつも私のご提案のひとつ、高砂席の空間装花デザインをご紹介させて頂きます*
絵心がなく・・申し訳ないのですが・・想いが伝われば・・^^
といつもご提案させて頂いております。
私はただ単にイメージをするのではなく、お二人の「背景」を高砂席に落とし込みます。

例えばこちら

『CONCEPT』

「僕の家は家族の誰かに何か行事があると、いつも毎回家の前で家族写真を撮るんです」
建築、家の仕事に携わり家族や家を大切にされている新郎様。
そんな新郎様が今度は「新しい家族」をつくろうとしている。大切な人と。
これから年を重ねるごとに家族は大きくなり、その度に今度は新しい家族としてこれから「記念写真」を撮ってほしい・・
そして、今まで新婦様とはあまり写真を撮ったことが無いとの事。
だから、この家と家が繋がる日、結婚式を新しい家族の誕生日として「記念写真第一号」となる場になれば・・
これからも、家を大切にして代々「家族写真」という時間がこれからも続いていってほしい・・

「MY HOME WEDDING ~記念写真を撮ろう」

ドアの前にちょっとした小道・お庭も作って頂きました*
お父さんがセルフタイマーを使い「は~い、撮るよ~」と言いながら家の前で家族写真を撮る光景。
私すごく好きです。
これからもずっとずっと、新しい家族になってもそんな素敵な家族行事が続きますように*

その他にも・・
「まだ一度もキャンプに行ったことが無いんですが・・いつかは行ってみたいんです」
というおふたりには、では結婚式当日にキャンプを味わって頂こう♪と『妄想キャンプウェディング』
お揃いリュックやおふたりのお気に入りマグカップ、夜には天体観測をと思い頭上には星に見立てたライトをふらしました。

「みんなとこれからも末永く繋がっていきたい」という想いのおふたり。
「丸く」「繋がる」ということでお二人を円で囲み、色んな想いを込めた色とりどりの丸いアーチ装飾をおふたりの上に。
そして、本がお好きなおふたりでしたので新郎様のオススメ本を装飾の一つとして並べ皆様に自由に読んで頂きました*

結婚式当日、ゲストの方々にはいつも「なんか二人らしくていいね~!」とお声を頂いております*

一組一組、お1人お1人、しっかり向き合い想いを込めて常にプロデュースさせて頂いております。
どこの会場にも属していないフリーランスウェディングプランナーだからこそ、茨城県内どこへでもお伺いし型にはまらず自由なウェディングを一緒にお創りいたします